由比産桜えびのおいしさの秘密

桜えびは下処理がいらないから気軽に料理に活用できます!

桜えびのパスタ

冷凍・半解凍のままでも料理に使えます! 桜えびは丸ごと食べられるので、他の甲殻類と違ってまったく下処理が必要ありません。 なので、かんたんに料理に活用できます!
桜えびというと「かき揚げ」を思い浮かべる人も多いのですが、 こんな風にパスタに入れても美味しいんです。 しかも丸ごと入れるので風味も香りも豊かになりますよ!
もちろん生や釜揚げをわさび醤油で食べても美味しいですし、 干し桜えびをおやつ代わりに…なんてことも。
某お菓子ではないですが、止まらなくなります!
美と健康のための栄養の宝庫!! まずカルシウム。殻も内蔵もすべて丸ごと食べられるので、 手軽に非常にたくさんのカルシウムを摂ることができます。
カルシウムには体のpHや体調を整える重要な役割があるので、 積極的に食べていきたいですね!
また食物繊維も豊富なので、美容と健康のためにもうってつけ!
右の写真のように納豆とあえてみたり、普段のお料理に混ぜてみたり、 うどんにトッピングしたりとカンタンに食べられるので、 常時ストックしておくことをオススメします。

桜えび納豆

駿河湾産の桜えびは「甘い」!!

桜えび漁

国内の桜えびの水揚げは【100%】駿河湾! 桜えびの漁期は年2回のみ!
春漁は3月中旬~6月初旬、秋漁は10月下旬~12月下旬で、 それ以外の時期は桜えび保護のために休漁となります。 桜えびは駿河湾のほかに、東京湾・相模灘にも生息していますが、 漁業の営業許可を静岡県だけが認めているので、国内の水揚げは【100%】駿河湾となります。
ちなみに桜えび漁の許可証をもつ船は、由比・蒲原・大井川地区の合計で 120隻しかありません。
実はとっても貴重なのです!
駿河湾産の桜えびは「甘い」!! 日本には小さい干しエビ(シラエビなど)を「桜えび」と呼ぶところもあるのですが、 エビの分類上ではまったく別物です。
近年では桜えびの生息が台湾沖でも確認され、台湾などからの輸入も増えてきています。
しかし、駿河湾産と台湾産では【甘み・旨味】が違うんですよ!
桜えびは体表に発光体を持っているのですが、これが多いほど甘み・旨味が高いことになります。 この個数が駿河湾産は160個前後なのに対して、台湾産は100前後しかありません。 糖度計で計ってみても駿河湾産は甘いことがわかりますよ。   【桜えび漁師 原 剛さん談】

漁師の原剛さん

  カルシウム・キチン・タウリンなど栄養満点で手軽に使える桜えびを、ぜひ毎日の生活に取り入れてみましょう!

生桜えび

生桜えび(冷凍・200g) 新鮮な生の桜えびを鮮度をそのままに、たっぷり200gをパックに詰めて冷凍しました。
《ネット購入はこちらから!》

釜揚げ桜えび

釜揚げ桜えび(冷凍・200g) 水揚げ直後の新鮮な桜えびを釜で塩ゆでし、たっぷり200gをパックに詰めそのまま冷凍しました。 《ネット購入はこちらから!》

素干し桜えび

素干し桜えび(30g) 水揚げ直後の新鮮な桜えびを、そのまま天日干しにしました。30g入り。
 
《ネット購入はこちらから!》

桜えびづくしセット

桜えびづくしセット 生桜えび(冷凍200g)、釜揚げ桜えび(冷凍200g)、素干し桜えび(30g)、 桜えび沖漬けが各1ケのセット。 《ネット購入はこちらから!》
※その他いろいろな商品を漁協直売ネットショップで購入いただけます!今スグ下記をチェック!! 由比港漁協直売ネット通販